竹 田 繁 紀

1969年(昭和44年)年生まれ 兵庫県生まれ 埼玉県戸田市在住

【家族】

妻  地元公民館に勤務

長男 高校生

次男 高校生

長女 中学生

 

略歴

 幼少の頃より「生死」「宗教」「哲学」等への関心が強く、幼少時の夢のひとつは宗教家であった。地元の中学校・高校と進学した後、人生にはまず強靭な肉体が必要と考え、18歳で自衛隊に入隊する。1988年、当時日本で最精強と言われた陸上自衛隊1空挺団に配属となる。

任期満了退官後、自身のテーマである「生とは何か、死とは何か」の答えを求め、インドや中国・イスラム諸国を約1年間一人旅する。1996年インド滞在時には最晩年の聖マザーテレサに謁見、マザーの「死を待つ人の家」で奉仕活動に従事する機会を得る(マザーは翌年永眠)。その後インド奥地ヒマラヤの麓にあるヨガ行者の聖地リシュケシュにて百日間の身心修行を行う。帰国後テントと寝袋を持ち3カ月かけて日本全国の聖地をバイクで回るなど、放浪の時期を過ごす。

2001年に結婚。その後、高齢者施設管理会社等のサラリーマン生活を経て、2017年に自身のライフワークであった「いかに人生を締めくくるか=終活」を支援することを目的とした事業「終活支援 援人社」を設立、現在に至る。

 

【プライベート】

30代の頃より現在まで12年間、地域を代表するボランティア活動である「ドテレンジャー」を運営している。これは地元では非常に知名度の高い「ご当地ヒーロー」で奉仕活動を通じて子供たちを喜ばせることを生きがいとしている。この活動は平成24年内閣府の取材を受け、男性地域奉仕活動好事例の全国ベスト23に選出「子どもたちを笑顔にするためイベントに出動!」として内閣府ホームページや出版物で紹介された。 

また非常勤特別職職国家公務員防衛省職員として有事の際には災害支援・国防の任に従事。他に交通安全協会評議員、警察官友の会会員として地元の治安維持活動にも参加している。

車やおしゃれ・スポーツ観戦には関心がなく、ゴルフ・ギャンブル・ゲームなどの勝負事はしない。パソコンやインターネットの活用は最小限にしておりゆったりと無為な時間を大切にしている。本業と奉仕活動以外には特別な活動はしておらず休日自宅にいないときは銭湯か図書館にいることが多い。